空からバス路線を見てみよう

011.小新山町入口

Rel.2b, 作成:2010/02/04, 更新:2012/06/27


図011-1 小新山町入口付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C17-68(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

五香駅東口(停留所名は五香駅)を発着する新京成バスは、松戸新京成バスの小新山線、すなわち、五香駅~金ヶ作入口~小新山町入口~柏陵高校を走る路線だけとなっています。この小新山線が柏陵高校まで伸びたのは平成3年6月24日のことで、それまでは途中の小新山町入口が終点でした。また、停留所の場所も若干異なっていました。

僕は、昭和63年に初めてこの停留所に行きましたが、写真の場所が小新山町入口の旧停留所と思われます。一応、バスらしき車が斜めに止まっているので、たぶんこれでいいのでしょう。現在この場所は、後方(西側)の土地も含めて駐車場となっています。

ちなみに、現在小新山町という町名はありません。その隣の松ノ井町、新栄町も含めて、現在の住所は柏市南増尾です。バス路線に乗ると旧地名を知ることができて楽しいです。この小新山線は、南側の恩田病院入口から小新山町入口まで5停留所連続で「~入口」のつく停留所が続きます。金ヶ作入口は停留所の位置の関係から「入口」が必要でしょうが、残りの停留所は無くてもよかったんじゃないかとか思ったりもします。

なお、図中の緑線「2010/02時点運行区間」及び、赤線「かつて運行されていた区間」は新京成バスのことで、東武バスについてこの図では触れていません。

図011-2 小新山町入口旧バス停(1975年1月)
出典:CKT7415-C17-68(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12010/02/04公開。
1a2010/10/01フォーマットを変更。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara