空からバス路線を見てみよう

013.東洋バス大和田営業所

Rel.2b, 作成:2010/02/05, 更新:2012/06/27


図013-1 京成大和田駅付近(1975年1月)
出典:CKT7413-C12A-18(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

現在、千葉県八千代市を営業エリアとして運行している東洋バスは、もともと京成大和田と印旛村岩戸を結ぶ路線から始まりました。また、程なく大和田と幕張を結ぶ路線も開通しました。創業期のこの二線とも大和田を発着しています。その後、同社は大和田駅を拠点として、今の八千代市のエリアに様々な路線を開通し、今や同市内の主たる運行会社となっています。

もともと今の八千代市は京成大和田が市の中心でした。東洋バスも当初は大和田(と幕張)に営業所がありました。図は、昭和49年当時の大和田営業所を示したものです。この敷地の形状やバスの並び方から、結構手狭で雑然としているようにみられます。この頃は既に米本団地線や高津団地線が開通していたのですが、新山営業所(現在の営業所)はまだありません。よくもまあ配車できたと感動したものですが、他の空中写真を見ると、各団地停留所の折返場に何台もの車が止まっています。そう言えば、高津団地は以前高津営業所と言っていたかな。よく覚えてなくてすみません。

その後、大和田駅を発着する路線は徐々に減り、平成になると、大和田営業所はゆりのき台に移転しゆりのき台営業所になりました。そのゆりのき台営業所も平成15年前後に閉鎖され、現在の新山営業所だけとなっています。

図013-2 東洋バス旧大和田営業所(1975年1月)
出典:CKT7413-C12A-18(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12010/02/05公開。
1a2010/10/01フォーマットを変更。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara