空からバス路線を見てみよう

014.行田団地ができる前

Rel.3b, 作成:2010/02/09, 更新:2012/12/12


図014-1 行田団地付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C25-73(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

西船橋駅と船橋法典駅の中間ほどに位置する行田団地には、以前、海軍無線電信所船橋送信所というものがありました。日露戦争から第二次世界大戦まで運用してたとのことで、地元では「行田無線・行田の無線塔」などと呼ばれたそうです。戦後は進駐軍により接収され、返還されたものの、昭和46~47年にかけて設備は解体されました。その跡地に今の行田団地が建てられました。行田団地の入居開始年は昭和51年3月です。

ところで、この付近を走っていたバスですが、最初の路線は1958年12月20日開通の葛飾線という路線です。船橋市なのに葛飾線という名前なのは、もともとこのあたりも葛飾と呼んでいたから。その後、葛飾行田団地線、行田団地線などと線名が変わって、今は「ファイターズタウン線」です。しかし、ファイターズタウンまで行く便は少ないです。

ここに示した図は昭和49年当時のものですので、行田団地はまだ造成中です。

図014-2 海軍無線電信所船橋送信所跡付近の旧道(1975年1月)
出典:CKT7415-C25-73(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12010/02/09公開。
1a2010/10/01フォーマットを変更。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
32012/12/12図の誤り(海神線のルート)を修正。
3a2016/03/06フォーマットを変更。
3b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara