空からバス路線を見てみよう

096.練馬北町

Rel.1a, 作成:2012/11/19, 更新:2012/11/19


はじめに

 現在、西武バスの路線のうち練馬区田柄地区を経由するものは練馬駅北口~下赤塚~成増駅南口を走る練47系統のみですが、以前はこれ以外にもありました。光が丘関係は別の機会に書けたら書くとして、今回とりあげるのは、練馬北町行きというものです。練馬駅を起点としていた時代、豊島園を起点としていた時代があるようですが、それはさておき、練馬北町バス停は練馬区北町六丁目にあり、折返場もありました。今のバス停で言うと、国際興業の田柄一丁目と北町六丁目の間になります。(北町六丁目バス停の方が近いのですが、当時の「東京都内乗合バス・ルート案内」では練馬北町と田柄一丁目を一緒に扱っていたので、写真内の説明もそうしています。)

 西武バスが練馬北町から撤退した正確な時期は不明ですが、1982年(昭和57年)にはまだあり、1987年(昭和62年)には無くなっていますので、その間となります。1983年(昭和58年)6月24日に当時の営団有楽町線が池袋~営団成増間を開通したので、そのときに無くなったと思われますが、まだその資料を見つけていないってところです。なお、このあたりは、平和台駅に近いエリアです。

 現在、折返所跡地では、倉庫会社がレンタルボックスというのを営業していますが、コンテナ(鉄道コンテナに似ていますが、幾分形状が異なっており、よくわかりません。)をただ置いてあるだけの状況で、敷地はそのままです。折返場の面影がよく伺える場所と考えます。

図096-1 練馬区田柄付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C21A-24(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図096-2 西武バス練馬北町バス停(1975年1月)
出典:CKT7415-C21A-24(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/11/19公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara