空からバス路線を見てみよう

052.下小山田

Rel.2b, 作成:2012/06/06, 更新:2012/06/27


はじめに

 現在、多摩センター駅~日大三高を走る多43, 多44は、もともと聖蹟桜ヶ丘駅~中沢間で開通しました。その後、南側が延伸され、北側が短縮され今のようになっています。その過程で、終点が下小山田だった時期がありました。今回はその下小山田の昔の状況です。また、今回示した写真は1979年度(昭和54年度)のものですが、これは京王相模原線が京王多摩センターに延伸した1974年(昭和49年)の5年後です。小田急多摩線が小田急多摩センターへの延伸したのは1975年(昭和50年)です。唐木田方面はおろか、鶴牧にも何もありません。また、道路も拡幅されておらず、ぐねぐねしています。比較のために現在のルートも引いてみましたので、ご参照ください。なお、唐木田方面については別の機会に紹介する予定です。

図052-1 国際ゴルフ場周辺(1980年1月)
出典:CKT791-C31B-4(1980年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 下小山田停留所

 下小山田停留所付近は、囲みのようにT字路となっていますが、西側に少し敷地が飛び出しています。この写真ではバスが確認できませんが、おそらくこの飛び出し部分で折り返したと思われます。現在の道路は緑色の線のようになっています。この緑色の線を基準にすれば、三角形状の敷地は東側になりますが、そこが後の下小山田の新しい折返場となりました。現在、多43, 多44は全て日大三高で折り返しており、折返場は廃止されました。跡地は駐車場となっていますが、そういう目で見れば、折返場だったことがわかるような状況です。

図052-2 下小山田停留所(1980年1月)
出典:CKT791-C31B-4(1980年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/06/06公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara