空からバス路線を見てみよう

051.高根小学校前、船橋グリーンハイツ入口

Rel.2b, 作成:2012/06/06, 更新:2012/06/27


はじめに

 今回は、船橋市の高根小学校、船橋グリーンハイツ付近をとりあげます。最初にこの地域(高根町)にバスが走ったのは、1958年(昭和33年)開通の新京成電鉄による高根線です。高根線の開通当時は船橋駅南口発着で、大神宮坂上を経由していましたが、今回その話はパスします。その先、東町から飯山満入口、米ヶ崎、高根、高根小学校、御滝不動…というルートでした。現在、飯山満入口以北をこのルートに沿って走るバスはありません。

 その後、高根小学校付近、住所で言えば緑台にあたりますが、そこに船橋グリーンハイツが施工されました。1973年(昭和48年)のことです。当初は施工事業者の大成建設の関連会社の大成輸送(大成運輸)が船橋駅までバスを暫定運行していました。大成運輸は乗合バス事業者ではなく、詳細不明ですが、おそらく貸切バス事業者としてグリーンハイツの住民に限定して路線バスのような運行を行なっていたとみられます。

 ところで、前述したように船橋グリーンハイツの近くの高根町には新京成電鉄の高根線が既にあり、つまりこのあたりは新京成電鉄営業エリアでした。大成輸送による輸送は免許上望ましくないことでしたので、団地の管理組合と大成建設により正式な路線バス事業免許を持つバス会社による運行移譲が検討され、同社に路線新設の請願活動が行われました。しかし、当時、路線免許や乗務員不足などの事情により、新京成は難色を示しました。結局、直営にはならず、新京成が出資して設立した船橋バス(株)が運行することになりました。一部の乗務員や取締役は新京成からの異動によった、などとウィキペディアに書いてあります。

 以下に示す写真は1974年(昭和49年)のものですので、グリーンハイツを走るバスは大成輸送によるものです。

図051-1 船橋市金杉町付近
出典:CKT7413-C10A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A, B 船橋グリーンハイツ入口

 Aは初代の大成輸送の車庫です。現在ここはテニスコートになっています。

 Bは二代目の車庫で、移転は1977年(昭和52年)のことです。移転の3年前の時点で既に車庫のような敷地があったことになります。ただし、建屋はまだありません。船橋バスは1979年(昭和54年)に設立されましたが、車庫はそのまま引き継がれました。船橋新京成バスとなった(2007年10月1日から)今も休憩所として使われています。

 全体写真を見ると、今、船橋新京成バスが走っている、高根小学校の少し南側の地点から緑台入口交差点まで横断する道路がまだできていません。当時は、高根小学校から北に向かい、桜ヶ丘停留所から西に折れ、船橋駅に向かう迂回状のルートをとっていたようです。

図051-2 船橋グリーンハイツ入口バス停付近(新旧, 1975年1月)
出典:CKT7413-C10A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

C 新京成バス高根線の高根小学校前折返場

 高根小学校前の折返場です。バスが一台確認できます。高根線はここより北、三咲駅方面にも便がありましたが、半数程度は線内で折り返していました。1963年(昭和38年)時点では高根停留所で、末期は高根小学校で折返しをしていました。高根線の廃止は2000年(平成12年)8月16日です。

図051-3 高根小学校前折返場(1975年1月)
出典:CKT7413-C10A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/06/06公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara