空からバス路線を見てみよう

072.小田

Rel.1a, 作成:2012/08/30, 更新:2012/08/30


はじめに

 現在、川崎市バスには川15系統「小田栄循環」があります。小田栄循環は、もともと1960年(昭和35年)5月31日に開通した小田線(川崎駅~労働会館前~小田栄~小田)を起源としており、もともと往復の路線でした。小田栄~小田を廃止し、循環線になったのは、ネットの掲示板によれば1987~1988年頃のようです。

図072-1 川崎市小田栄踏切周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C44-31(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 小田停留所

 小田停留所付近です。折返場の敷地が非常に狭く、よくこれで折り返せたものです。なお、踏切の向こうには臨港バスの小田踏切停留所があり、こちらは現役です。

図072-2 川崎市バス小田停留所付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C44-31(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 川崎市電渡田車庫跡

 ついでで、川崎市電の渡田車庫跡も見てみました。川崎市電の廃止は1969年(昭和44年)4月1日ですが、廃止後に敷地は分譲され、民家が建っています。

図072-3 川崎市電渡田車庫跡(1975年1月)
出典:CKT7415-C44-31(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/08/30公開
1a2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara