空からバス路線を見てみよう

101.海神駅

Rel.1a, 作成:2013/01/15, 更新:2013/01/15


はじめに

 京成トランジットバスが運行している西船21(海神線)は、京成電鉄の運行していた時代、1991年(平成3年)6月21日より今のルートとなっています。これより前は京成本線の海神駅の前を通っていました。すなわち、海神駅入口(現在のなかむら内科消化器クリニック停留所)から北上し、海神駅の踏切を通り、ひなぎく幼稚園以北は現ルートと同じルートでした。現ルートが団地入口~山手三丁目間で大幅に迂回したようなルートになっているのはこのためです。

 海神駅付近のルートを切り替えたのは、道路が狭隘な上に、踏切を渡る必要があったためです。当時、海神駅の踏切にはバス横断の誘導員がおり、詰所が上りホーム端の近くにあったように記憶しています。また、この道路は車が比較的多く、国道14号線が混雑しているときはまるで動かないときもあり、定時性の確保といった意味合いもあったように見られます。

図101-1 海神駅周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C26-75(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/01/15公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara