空からバス路線を見てみよう

103.高津団地

Rel.1a, 作成:2013/01/23, 更新:2013/01/23


はじめに

 八千代市西部、陸上自衛隊習志野演習場の北にある高津団地。現在、団地内には東洋バスと習志野新京成バスの路線があります。

 高津団地の入居開始時期は1972年(昭和47年)です。この地域、すなわち八千代市は東洋バスが路線網を張り巡らせていたので、高津団地についても東洋バスが路線を新設することになりました。今の八千代台に至る路線ですが、この他にも大和田駅に至る路線もありました。

 一方、新京成電鉄も高津団地から比較的近い新木戸までバスを走らせており、少し伸ばせば高津団地に届くことから、そのような路線を開通することになりました。しかし、新京成については、当初、団地の北の外れの高津団地入口が終点となり、中心部までは乗り入れられませんでした。なお、新京成の高津団地入口の乗り入れ時期は不明です。(東洋と同じとは限りません。)

 転機となったのは、1996年(平成8年)4月27日。つまり、東葉高速鉄道線の開通のときです。高津団地と八千代緑が丘駅は比較的距離が近く、新しいバス路線を開通することになりました。ところが、同駅は、新京成電鉄と京成電鉄(当時)のバス路線に挟まれたところに位置しており、東洋バスがここに単独で乗り入れると話がおかしくなります。一方、新京成は八千代緑が丘駅~高津団地入口については支障なく路線を新設できますが、これでは路線長が短く利便性が乏しくなります。

 結局、新京成は緑が丘駅からの路線について、高津団地入口から南側に少しだけ延伸し、団地三叉路近傍に高津団地中央停留所を新設し、そこを終点をする、緑01(八千代緑が丘駅~高津団地中央)を開通することになりました。そして、東洋バスは緑が丘駅から高津団地まで、そして、さらに東の高津川付近まで行き、新道も含めた循環線を開通しました。こうして、数百メートルにすぎませんが、新京成と東洋バスが同じ道路を走ることとなりました。

 それから約3ヶ月後、1996年8月1日に津田沼からのバスも高津団地中央まで乗り入れるようになりました。そのときは全便ではなく、不等間隔で約半数のみ乗り入れていました。津田沼からのバスの全便が高津団地中央に行くようになったのは、1999年(平成11年)3月17日です。なお、緑01(八千代緑が丘駅~高津団地中央)は距離が短すぎて使い物にならなかったのか、2000年(平成12年)8月16日に廃止となりました。このときは、津02(津田沼駅~新木戸~古和釜十字路)も廃止となっており、これら2系統の代わりに緑03(津田沼駅~新木戸~サンシャイン前~八千代緑が丘駅)という、神崎線の折返線のような系統が誕生しました。

 東洋バスについては、八千代台駅~高津団地と八千代緑が丘駅~高津団地循環の別々に運行していたものが統合され、現在は八千代台駅~高津団地~八千代緑が丘駅となっています(多くの便は八千代台駅~高津団地)。

図103-1 高津団地(1975年2月)
出典:CKT7413-C11A-12(1975年2月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 高津団地停留所(東洋)

 高津団地停留所は東洋バスのターミナルです。左側が停留所です。折返用スペースに3台駐車しています。また、道路反対側には乗車券を販売する高津案内所(青い屋根の建物)が見えます。その裏手には5台ほどバスが休んでおり、分車庫のようになっています。

 上記の配置等は今もほとんど変わっていませんが、2010年(平成22年)6月27日をもって高津案内所での乗車券販売は廃止となっています。

図103-2 高津団地停留所(1975年2月)
出典:CKT7413-C11A-12(1975年2月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 高津団地入口停留所(新京成)

 新京成バスの当初のターミナルだった高津団地入口。前述の通り、1999年(平成11年)3月17日に全便が高津団地中央まで行くようになったため、現在折返場はありません。

 跡地は新京成電鉄Webによれば、2000年9月30日に「八千代高津ビル竣工(新京成第24ビル)」となっています。

図103-3 高津団地入口停留所(1975年2月)
出典:CKT7413-C11A-12(1975年2月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

C 現・新京成バス折返所付近

 現在の新京成バスの折返場です。高津団地のもうほとんど東側ですが、未だに高津団地中央からここまで回送です。いろいろな年の空中写真を見ましたが、ここがいつから使われるようになったかは不明です。

図103-4 新京成の高津団地中央の折返場の1975年2月当時の様子
出典:CKT7413-C11A-12(1975年2月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/01/23公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara