空からバス路線を見てみよう

145.久手堅連絡所

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 久手堅(くでけん)連絡所は東陽バスの車庫だったところで、同社の志喜屋線のみを担当していました。終点の志喜屋はバス折返所が無く、往復で異なる道路を使ってループ状に折り返していたため、途中のここに車庫がありました。廃止前の停留所名は「体育センター入口」でした。なお、ここ止まりの便も少数ながらありました。

 那覇から志喜屋には直通で行けましたが、志喜屋から那覇に行く際は、体育センター入口で一つ前のバスに乗り換え、空となったバスが入庫するという運行を行っていました。

 ちなみに久手堅連絡所廃止後のことですが、車庫が馬天営業所に変わりました。体育センター入口停留所も名称が変わり「斎場御嶽入口(せーふぁうたきいりぐち)」となっています。

 連絡所廃止直後は、志喜屋~馬天営業所を回送で移動していました。しかし、回送距離が長過ぎるため、現在は、新里入口~老人福祉センター入口間にある東陽バス本社営業所前で乗り換えるという運行を行っています。なお、この乗換場所には停留所がなく、屋根付きの通路を介してただ乗り換えるだけです。途中下車もできないようです。

図145-1 久手堅連絡所
出典:OKC931-C52B-17(1993年8月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara