空からバス路線を見てみよう

143.糸満営業所(真栄里)

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 現在の那覇バスの前身、那覇交通の糸満での営業は創業の1951年からになります。那覇交通30年史によれば創業時の糸満線の路線長は17.5kmでしたが、1979年10月に糸満ダイヤ調整所(真栄里ダイヤ調整所)新社屋が落成し、路線長が18.3kmになりました。その後、糸満ダイヤ調整所は糸満出張所と名を変え、那覇バスへの移行時に今の糸満営業所となっています。

 従って、路線長が変わったことから、1979年10月より前は糸満の終点が別の場所にあったようです。しかし、この場所が書いてある資料は見出だせていません。1977年の空中写真も見てみましたが、よくわかりませんでした。

 なお、糸満出張所は、西側に国道331号線ができた関係で、敷地が縮小されています。図143-1に1984年11月当時の糸満出張所を示します。今の倍以上の面積があったことがわかります。

図143-1 那覇交通糸満出張所(1984年11月当時)
出典:OK841X-C15-3(1984年11月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara