空からバス路線を見てみよう

147.唱行寺入口と桐畑

Rel.1a, 作成:2016/01/13, 更新:2016/01/13


 西船橋駅~行田団地~ファイターズタウン鎌ヶ谷・市川営業所を走る、京成バスの「ファイターズタウン線」。この線については、前身の葛飾線の沿革の紹介として、「14.行田団地ができる前」で行田団地まわりの話だけをしましたが、続編として、タイトルのところをとりあげます。

 葛飾線は1958年12月20日に西船橋駅~無電前~唱行寺入口で開通しました。なお、「京成電鉄五十五年史」では「昌行寺入口」と書いており、「全国バス路線便覧」でも同様ですが、少なくとも今は「唱行寺」です。詳しいことはわかりませんが、ここでは「唱行寺」表記にします。現在「唱行寺入口」という名前の停留所はありませんが、現在の最寄り停留所であることや、路線キロ程からの推測結果によれば、上山町停留所のようです。

 ならば、上山町停留所近くでバスを折り返していることになるので、それを空中写真で見てみたところ、図147-1のようなものがありました。これが即京成バスと断定できるわけではありませんが、たぶんこれだろうということにしておきましょう。

 その後の葛飾線は船橋市と鎌ヶ谷市の境の桐畑まで延長されることになります。しかし、桐畑まで延長した時期は不明です。図147-2及び図147-3より、1970年と1975年で折返場の有無の違いが見られますので、その間なのかもしれません。

 それから、残念ながら資料が無く、記憶違いでしたらすみませんが、僕が子どもの頃に「桐畑停留所を新たに設け、現在の桐畑停留所は藤原三丁目(現・藤原六丁目)に改称」というお知らせを見た記憶がありますので、これが正しければ、今の桐畑停留所は二代目となります。ただし、折返場の場所は変わっていないので、停留所だけ変わったということのようです。

図147-1 1966年の唱行寺入口(現・上山町)停留所付近
(丸囲みのところにバスがあるが、この道路に路線バスは設定されていない)
出典:MKT664-C6-12(1966年8月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図147-2 1970年の桐畑付近
(折返場がない)
出典:MKT704X-C4-8(1970年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図147-3 1975年の桐畑付近
(今と同じ場所に折返場あり)
出典:CKT7415-C23-70(1975年1月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/01/13公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara