空からバス路線を見てみよう

151.グリーンタウン武蔵村山

Rel.1a, 作成:2016/02/07, 更新:2016/02/07


 武蔵村山市西側に位置するグリーンタウン武蔵村山。1983年11月に立川バスにより昭島駅北口からの路線が開通しました(開業時期は「多摩 鉄道とまちづくりのあゆみ Ⅰ」より)。当時は、停留所の南にあった折返場で折り返していました。

その後の経緯は、表151-1のとおりです。

表151-1 グリーンタウン武蔵村山関係のバス路線の主な経緯
1983年11月昭島駅北口~グリーンタウン線を開通。
1989年12月25日昭島駅北口~IHIに延長。ラッシュ時の一部の便は経塚向公園経由(昭23系統)。立川駅北口~グリーンタウン武蔵村山を開通。
1998年11月27日立川駅北口~グリーンタウン武蔵村山線を廃止(三ツ藤までになる)。
2000年1月10日経塚向公園経由便を廃止し、立川七中経由便を新設。
2005年9月頃春名塚折返しの運行を開始する。

グリーンタウン武蔵村山の折返場を廃止することになり、代替として春名塚に折返場が新設されたことにより、一部の便が延伸されました。ただし、瑞穂営業所との出入はグリーンタウン武蔵村山停留所のすぐ西の道路から北側を通って行うため、これについてはグリーンタウンを起終点とします。

 春名塚折返場ができ、一時は休日の多くの便がここで折り返していましたが、この記事の執筆時点では、IHIまで行く便が多くなっているようです。両折返場間の距離は650m,停留所間なら200〜300m。いや、それ以上は何も言うまいです。

図151-1 グリーンタウン武蔵村山折返場
出典:CKT891-C12-15(1989年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/02/07公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara