空からバス路線を見てみよう

002.田町車庫

Rel.5a, 作成:2009/05/18, 更新:2016/08/27


はじめに

 佐倉市を中心に営業を行っているちばグリーンバス。元は京成電鉄の佐倉自動車営業所だったのですが、1999年2月9日に分社化されました。前身の佐倉営業所の頃より、車庫の名前は「田町車庫」と言います。佐倉市には田町という町があるのですが、現在の田町車庫はそこには無く、やや西の角来にあります(敷地の一部は田町だが…)。では、なぜ「角来車庫」でないのでしょうか?

 実は以前の田町車庫は、田町の真ん中あたりにありました。今の国立博物館入口バス停留所の南になり、現在お堀になっているところです(実はそこは城内町なんですが…)。今現地に行っても、その面影は全く無く、ちょっと信じられませんが、このお堀は復元されたものです。明治時代に軍により一旦お堀が埋め立てられ、その後に車庫ができたのです。その当時の停留所は「田町車庫」であり、車庫が移転したことで「田町」になり、国立博物館ができたことで「国立博物館入口」と改称され今に至るのです。また、この停留所は運賃区界です。

 そのようなことを含め、田町車庫付近の変遷を見ていきます。

戦前~戦後

 そもそも佐倉にいつバスが来たかというと、はるか昔の1924年(大正13年)になります。「全国乗合自動車総覧(1934年)」によれば、1924年1月20日に成東自動車(株)が千葉~省営鉄道佐倉駅間を開通し、その後1929年(昭和4年)2月20日に省営鉄道佐倉駅~麻賀多神社前~京成電鉄駅(京成佐倉駅)~本町~酒々井駅前(注:省営駅と京成駅の中間と思われる)及び麻賀多神社前~田町(聯隊前)~江原間が開通したとのことです(図002-1)。なお、この当時は鏑木(岩渕薬品旧本社前付近)~麻賀多神社前付近が旧道(地図ご参照を)しかなく、今よりさらに右左折の多いルートでした。麻賀多神社前~京成電鉄駅(京成佐倉駅)~本町の当時のルートはよくわかりません。

図002-1 成東自動車路線図(1934年)
出典:全国乗合自動車総覧(1934年)

 なお、成東自動車(株)は1943年4月21日に京成電気軌道に買収され、同社成東営業所になりました。

 戦前の佐倉の路線バスはこれしかなかったようです。営業所も無かったようです。なお、江原~臼井間については正確な年がはっきりしませんが、1955年頃の臼井線または志津線の開通が最初だったようです。

 次に戦後についてということで、図002-2~4に1948年時点の佐倉町田町周辺を示します。これらの図を見ると、いかにも新しそうな道路が見られます。現在のバスルートになりますが、これより2年前、すなわち1946年の国土地理院地図ではこの道路がありませんので、できたばかりのようです。当時は今の市役所下交差点(海隣寺町に位置)から京成佐倉駅に至る道が無く、少し南の旧道から分岐していました。

図002-2 佐倉町海隣寺町~田町~角来付近(1948年9月)
出典:USA-R1828-72(1948年9月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-3 佐倉町中心部(1948年9月)
出典:USA-R1828-72(1948年9月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-4 田町付近の拡大図(1948年9月)
出典:USA-R1828-72(1948年9月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

田町車庫の設置

 田町車庫がいつできたかは正直なところよくわかりません。ただ、「京成電鉄五十五年史」に「昭和30年 佐倉車庫新築」という記述があります。それより前に佐倉付近でこれといった路線が新設されていないので、僕の中では1955年に開設ということになっています。

 それで、冒頭の「はじめに」の記述に戻るのですが、実は以前の田町車庫は、田町の真ん中あたりにありました。今の国立博物館入口バス停留所の南になり、現在お堀になっているところです(実はそこは城内町なんですが…)。今現地に行っても、その面影は全く無く、ちょっと信じられませんが、このお堀は復元されたものです。明治時代に軍により一旦お堀が埋め立てられ、その後に車庫ができたのです。その当時の停留所は「田町車庫」であり、車庫が移転したことで「田町」になり、国立博物館ができたことで「国立博物館入口」と改称され今に至るのです。また、この停留所は運賃区界です。

 図002-5〜12に田町車庫付近の空中写真を古い順に並べます。徐々に車が増えているように見えます。

図002-5 田町車庫付近(1958年5月)
出典:KT582YZ-A25A-8017(1958年5月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-6 田町車庫付近(1960年11月)
出典:KT60ACZ-C19-98(1960年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-7 田町車庫付近(1963年4月)
出典:MKT634X-C5-18(1963年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-8 田町車庫付近(1965年9月)
出典:MKT653X-C11-3(1965年9月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-9 田町車庫付近(1966年8月)
出典:MKT663X-C5-21(1966年8月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-10 田町車庫付近(1969年4月)
出典:MKT693X-C11-2(1969年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-11 田町車庫付近(1970年4月)
出典:MKT704X-C5-19(1970年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 そして、田町車庫は1971年に成東営業所から独立し、佐倉営業所となりました。この営業所の新設の際に車庫が西の鹿島川沿いに移転しました。以後、現在のちばグリーンバスも含め、この場所で営業が続いています。

 なお、敷地自体は少なくとも1970年から既に使われていたようです。図002-11と同時期の1970年4月の鹿島川側の車庫を図002-12に示します。車両が確認できます。

図002-12 田町車庫(鹿島川側)付近(1970年4月)
出典:MKT704X-C5-19(1970年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 図002-13に1975年時点の空中写真、図002-14に旧田町車庫付近の拡大図を示します。引っ越しから既に3~4年たっていますので、当然バスはありません。ただ、東側に若干乗用車が停まっており、お堀でないことは一応わかります。

図002-13 佐倉市田町周辺(1975年)
出典:CKT7413-C10A-34(1975年1月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図002-13 旧・田町車庫付近(1975年)
出典:CKT7413-C10A-34(1975年1月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12009/05/18公開。
1b2010/10/01フォーマットを変更。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
32013/11/14少しだけ説明を丁寧にした。
42015/02/28フォーマットを変更。既に廃止されたサイト(国土変遷アーカイブ内の空中写真)の説明に関して削除し、今の情報に置き換え。
52016/08/27大幅に加筆。
5a2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara