空からバス路線を見てみよう

029.立川バス瑞穂中休場

Rel.2b, 作成:2011/09/06, 更新:2012/06/27


図029-1 箱根ヶ崎周辺(1984年10月)
出典:CKT841-C17-14(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 瑞穂中休場

 現在、立川バスには上水、拝島、瑞穂、曙の4つの営業所があります。瑞穂営業所が開設されたのは平成元年頃で、それまでこのエリアの路線は主に拝島営業所が担当していました。しかし、拝島営業所と箱根ヶ崎では結構な距離がありますので、箱根ヶ崎側にも中休(いわゆる「休憩」の業界用語)のための設備がありました。それが、この瑞穂中休場です。今回は1984年(昭和59年)の空中写真を示しますが、後述する通り1979年(昭和54年)にはすでにあり、写真でも確認できました。1974年(昭和49年)は、写真を見た限りではまだ無かったようです。

 瑞穂中休場は中休場だけでなく、同名の停留所もありました。1979年(昭和54年)の路線図によれば、瑞穂線(福生駅東口~箱根ヶ崎駅~瑞穂中休場)のみ営業していました。残りの路線(立川駅北口~横田または残堀~箱根ヶ崎駅)は箱根ヶ崎駅と中休場の間を回送していたと思われます。また、同じく箱根ヶ崎駅~瑞穂中休場間の道路には西武バスの路線もありました(注:現在もある。)が、短区間であることなどからあまり問題でなかったようです。

 現在、瑞穂中休場の跡地には不動産屋があります。また、その後方は貸し駐車場として敷地が残っています。なお、南側に道路がありますが、この道路の部分も中休場の敷地だったようです。

図029-2 瑞穂中休場(1984年10月)
出典:CKT841-C17-14(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図029-2 箱根ヶ崎駅バス停(1984年10月)
出典:CKT841-C17-14(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12011/09/06公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara