空からバス路線を見てみよう

061.経堂駅

Rel.1b, 作成:2012/07/02, 更新:2012/07/02


 1974年度(昭和49年度)経堂駅の様子です。今回のリリースでは駅南側の経堂線について触れます。経堂線は1949年に東急と都営により、それまでの駒沢~東京駅南口を変更することにより開通しました。都営バスの系統番号は103系統、のち、東84系統です。

 その後、1974年8月15日に渋谷駅を境に西側が東急のみ、東側が都営のみとなりました。これに伴い、東急は系統番号を東84から渋22に変更しています。渋22は1984年(昭和59年)2月15日に廃止されました。上町駅より北が独自区間となりますが、現在もこの区間にバスは走っていません。

 図061-1で、赤線で示した部分が経堂線の運行区間です。経堂駅南側は道が狭く、駅前は到底ターミナルと言えるようなものではありません。この道の狭さに、往復のルートは別々になっています。実は経堂駅が高架化された今でも、このあたりはあまり変化がなく、よく路線バスが走れたと感心するばかりです。

図061-1 経堂駅周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C31A-25(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/07/02公開
1a2016/03/20フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara