空からバス路線を見てみよう

085.新道北引返場と武蔵境駅

Rel.1a, 作成:2012/10/15, 更新:2012/10/15


はじめに

 新道北引返場と武蔵境駅は位置する市が異なりますが、場所が近いということで一緒に紹介します。

図085-1 新道北、武蔵境駅付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C27A-10(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 新道北引返場

 新道北引返場は現在の上五郵便局前停留所に相当します。引返場自体は停留所の北側にありました。現在、跡地には中古輸入車販売店ができています。

 現在、この場所を通る鷹57系統は、三鷹駅~新道北~武蔵境駅南口~武蔵境営業所と運行していますが、以前は引返場止まりでした。また、1963年のデータでは新道北引返場~新川や新道北引返場~牟礼公団(今の牟礼団地)のように三鷹駅をまたぐものもありました。

 余談ですが、上五郵便局は一種の略称で、本当の名前は「三鷹上連雀五丁目郵便局」です。

図085-2 新道北停留所(1975年1月)
出典:CKT7415-C27A-10(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 武蔵境駅

 武蔵境駅の北口と南口。北口のバス乗り場は現在(2012年10月時点)とあまり変わり無いようにも見えます。ただし、この頃は踏切を越えて南側に至る路線もあったかもしれません。1974年度頃の状況は調査中でよくわかりませんが、さらに昔の1963年度には、桜堤公団~武蔵境~井口新田~大沢~野崎~吉祥寺などの路線があることを確認しています。最近の状況ですが、今後武蔵境駅北口広場の整備が始まり、2015年度(平成27年度)に完成する予定となっています。

 南口についてですが、写真の通り、1974年度時点では駅前にロータリーがありません。武蔵野市Webサイトによれば、1979年(昭和54年)3月に「武蔵境駅南口駅前広場完成」とあります。ただし、武蔵境駅南口バス停は古くからありました。この写真でも、確実なものとしては、武蔵野乗合自動車(小田急バスの前身)、京王帝都電鉄(現・京王電鉄およびバス各社)、東京都交通局による、武蔵境駅南口~東京駅南口線(都営バスは119系統)が1949年(昭和24年)12月25日に開通しています(1970年3月21日に廃止となり、現在は、新宿駅西口以西のみを小田急バスが運行)。ただし、当時の武蔵境駅南口バス停がどこにあったかは今のところ調査中です。

図085-3 武蔵境駅(1975年1月)
出典:CKT7415-C27A-10(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/10/15公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara