空からバス路線を見てみよう

086.鳩ヶ谷

Rel.1a, 作成:2012/10/15, 更新:2012/10/15


はじめに

 今は川口市の一部となった旧・鳩ヶ谷市。今でこそ埼玉高速鉄道が通っていますが、これが無かった頃は鉄道の無い市として有名?でした。なので、バス!となります。その頃は、そのものずばり「鳩ヶ谷」というバス停がありました。

図086-1 鳩ヶ谷付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C15-38(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 鳩ヶ谷バス停

 鳩ヶ谷バス停…、バスターミナルと言った方がいいかもしれませんが、今の桜町2丁目バス停付近、少し西側に入ったところにありました。写真のように結構大きなターミナルで、赤羽、川口、西川口はもちろんのこと、岩槻に至るバスまでありました。埼玉高速鉄道の開業と同時に閉鎖されてしまい、路線の整理、減便ということになりました。北側に至る路線は壊滅した感もあります。しかし、主幹路線とも言える赤羽駅東口~鳩ヶ谷公団住宅線(赤21)は、支線的存在である川口医療センター便(赤20)とあわせて、今でもデータイム12分間隔です。まだまだバス健在って感じもします。

図086-2 鳩ヶ谷バス停(1975年1月)
出典:CKT7415-C15-38(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/10/15公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara