空からバス路線を見てみよう

088.西新田

Rel.1a, 作成:2012/11/09, 更新:2012/11/09


 小金原団地の北側にある西新田停留所。現在は小金原団地線の北小金駅~西新田~バス案内所系統の途中停留所となっていますが、かつては折返場がありました。

 西新田付近に最初に開通したバスは五香北線と言い、運行区間は五香駅~金ヶ作入口~酒井根~光ヶ丘~西新田~北小金駅でした。しかし五香北線は、中間部で柏市域を通り、その部分には東武バスが南柏駅、柏駅から多くのバス路線を運行していました。このため、五香駅~北小金駅を直通する便はあまり本数が伸びませんでした。一方、松戸市域である両端部は新京成バスの独占運行であり、五香駅側は小新山線として本数を増やし、北小金駅側は途中の西新田での折返便の新設として本数が増えていきました。その後、1986年(昭和61年)8月16日に開通した幸田線も、当初はこの西新田を始発としていました(北小金駅北口停留所はあったが、南口への乗り入れは無かった。)。

 折返場ができた時期は不明です。今回は1979年度(昭和54年度)の空中写真を示していますが、これは明らかに視認できるものを選んだということで、1974年度(昭和49年度)の写真もそれらしきものはあります。


図088-1 西新田停留所付近(1979年9月)
出典:CKT794-C1B-18(1979年9月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図088-2 西新田の折返場(1979年9月)
出典:CKT794-C1B-18(1979年9月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/11/09公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara