空からバス路線を見てみよう

106.南小岩

Rel.1a, 作成:2013/01/31, 更新:2013/01/31


 現在、小岩駅から南小岩二丁目経由で瑞江駅、江戸川清掃工場、江戸川スポーツランドに至る京成バスの南小岩線(小73)。開通は1972年(昭和47年)6月1日です。その開通当時は、途中の南小岩二丁目が終点でした。京成電鉄の1975年の会社要覧を見ると、折返すための南小岩操車場があったことがわかります。

 しかし、わずか3年半後の1975年(昭和50年)11月2日には、さらに南の京成江戸川車庫(今の西瑞江二丁目)まで延伸され、南小岩二丁目の折返しはなくなったようです。そこで、1974年(昭和49年)の空中写真で見てみます。

図106-1 江戸川区南小岩付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C25-61(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 Aで示したところにはバスが2台停まっており、おそらくここが南小岩操車場のように見えます。ちなみに、1979年(昭和54年)の空中写真ではバスがありません。

 現在、この敷地は貨物輸送事業者の柴又運輸(株)の営業用スペースとなっています。ひょっとしたら、この柴又運輸がもとから使っているのかもしれません。正確なことは、同社に聞くか、住宅地図を確認する必要がありますが、現時点では「たぶんそうだと思う」くらいにしておきます。

図106-2 南小岩操車場?(1975年1月)
出典:CKT7415-C25-61(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 京成バス鹿骨線(新小71)は、現在、鹿本橋バス停~農業試験場間で鹿骨新橋をわたり、鹿骨5丁目を経由するルートとなっています。鹿骨新橋は1995年(平成7年)12月に道路の築造と共に新設、架橋されたもので、これより前は、鹿本橋を経由していました。バス停の名称が「鹿本橋」となっているのは、その名残です。なお、橋ができたのとルート変更が同一とは限らず、新小71が鹿骨新橋経由になった年月日については失念しました。鹿骨五丁目停留所に止まるようになったのは2001年(平成13年)4月1日です。

 なお、第二南小岩線(小76)も2000年(平成12年)8~9月頃に松本橋東詰~鹿骨区民館間の経路を変更しています。それまでは鹿骨4丁目経由でなく、農業試験場経由でした。

図106-3 鹿本橋付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C25-61(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/01/31公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara