空からバス路線を見てみよう

108.東名急行バス東京営業所

Rel.1a, 作成:2013/01/31, 更新:2013/01/31


(高速バスに疎いので、データに関してはWikipedia丸写しが多いです。というか、Wikipediaの当該記事を御覧ください。)

 東名急行バスは東名高速道路を走行する高速バス運行会社として、沿線鉄道・バス会社12社共同出資で1967年(昭和42年)8月に設立され、1969年(昭和44年)6月10日に車両台数50台・従業員数205人(含む運転士115名)で運行開始されました。

 しかしその後、新幹線の充実による利用の低迷やオイルショックなどで赤字が増大し、1975年(昭和50年)3月31日に路線全てが廃止され、同年10月1日に会社解散し消滅。車両の一部は廃止後に静岡鉄道や名古屋鉄道へ譲渡されたとのことです。つまり、会社があったのは8年間、バスを運行していたのはたった6年間という超短命のバス会社でした。

 その東名高速バスの営業所は、目黒区下目黒の東急バス(当時は東京急行電鉄直轄)不動前営業所の廃止後の跡地に据えられました。不動前営業所が廃止となったのは1969年5月7日のことで、それからわずか1ヶ月で転用されたことになります。また、不動前営業所の廃止は、玉川線廃止代替系統運行のために新設された大橋営業所の開設と同時です(玉川線廃止は5月11日)。すなわち、詳細はわかりませんが、玉川線の廃止と東名急行バスの運行開始はセットになっていると言えそうです。

 というわけで、ここに上がっている写真は東名急行バス廃止の1年前の様子です。ちなみに、他の年の写真も見ましたが、1979年時点では単なる空き地、1984年時点では駐車場となっています。現在は跡地にキュービル(イメージスタジオ109)というビルが建っています。

図108-1 目黒区目黒周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C33A-32(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図108-2 東名急行バス東京営業所(1975年1月)
出典:CKT7415-C33A-32(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/01/31公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara