空からバス路線を見てみよう

117.王子製紙

Rel.1a, 作成:2013/02/22, 更新:2013/02/22


 江戸川区東篠崎2丁目にある王子マテリア江戸川工場。人によっては「王子製紙?」「本州製紙?」などと思われるのでしょうか。本州製紙→王子製紙→王子板紙→王子マテリアと会社名が変わって、今は王子マテリアです。記事のタイトルが王子製紙になっているのは、その時代までの話をするからです。

 王子製紙バス停には操車場(折返場?)がありました。全国バス路線便覧(1964)では、鹿骨線(新小岩駅~本州製紙)や篠崎線の折返便(小岩駅~本州製紙)が見られます。なお、鹿骨線はその後篠崎操車場まで延伸されたことがあります。篠崎操車場については016.京成バス江戸川車庫(初代)の記事を御覧ください。

 南側の路線ですが、新浦安線(京成江戸川車庫~浦安庁舎)が南行徳線(ハイタウン塩浜行)に変更となった際、京成江戸川車庫発着便と本州製紙発着便の双方があったことが、東京都内乗合バス・ルート案内(1982)に示されています。江戸川スポーツランド停留所ができると、本州製紙発着便はそこまで延長されました。京成江戸川車庫発着便は、停留所名を西瑞江二丁目に変えて運行が存続されました。

 南北併せて、本州製紙(王子製紙)で折り返していた便がいつまであったかは、今のところ調査中です。

図117-1 江戸川区江戸川付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C28A-64(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 上にも記しましたが、正式には操車場でなく、折返場と言うかもしれません。当方には不明ということでご理解願います。

図117-2 本州製紙操車場(1975年1月)
出典:CKT7415-C28A-64(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/02/22公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara