空からバス路線を見てみよう

118.白井市平塚

Rel.1a, 作成:2013/03/11, 更新:2013/03/11


 白井市の北東部に位置する平塚。かつては松戸、その後短縮されて、五香駅西口から京成が路線バスを走らせていましたが、現在は全廃されました。ただし、近くの白井聖地公園に臨時バスが運行され、そのルートの多くがこの平塚線と重なっています。

 松戸駅~平塚の開通日は1959年(昭和34年)2月1日です。開通後長く路線の変更は無かったようですが、1991年(平成3年)3月31日の北総線二期区間(京成高砂~新鎌ヶ谷)の開通により、五香駅西口~平塚と鎌ヶ谷市役所~平塚の2系統に変更され、松戸駅~五香(現・五香十字路)間の運行は廃止されました。ついでに述べると、この1991年のダイヤ改正で中の瀬(現存停留所)~榎木台(白井市循環バス「ナッシー号」の平塚榎台停留所付近)間でルート変更(短絡ルートから白井工業団地停留所経由への変更)を行なっています。

 その後、他線も含めダイヤ改正が何度かあり、結局1998年(平成10年)10月19日に平塚に至る便は廃止となりました。なお、平塚方面に関しては廃止まで一貫して京成電鉄が運行しており、ちばレインボーバスとしての運行はありませんでした。なお、同じタイミングで白井公民館を経由するルート(富塚~白井公民館~白井・白井保育園)も廃止されており、これも京成電鉄だけの運行でした。

 平塚停留所ですが、僕が最初に訪れたのは1990年頃です。それから廃止まで写真のAのところにあったことは一応確認しています。また、Aのところはいかにも折返場のように見えますので、断定できませんが、少なくとも1974年以降はここで折り返していたのかもしれません。ただし、人文社の道路地図では、平塚東区(白井聖地公園のやや西の集落)にバスが乗り入れたように書いてあるのもあり、ずっとAの場所ではなかった可能性もあります。

図118-1 白井市平塚付近(1975年1月)
出典:CKT7413-C2-13(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図118-2 平塚停留所(1975年1月)
出典:CKT7413-C2-13(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/03/11公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara