空からバス路線を見てみよう

138.三重城営業所

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 三重城(みえぐすく)営業所は、本社機能と市内線の営業所を兼ねた施設で、那覇市西三丁目、バス停で言えばまさに三重城停留所の西隣にありました。現在、琉球物産と沖縄不動産西町駐車場があるところです。ここでは1976年(昭和51年)から2006年9月まで営業を行っていました。なお、途中、2004年7月に那覇交通から那覇バスに切り替わっています。

 那覇交通は初期の頃何度か移転や営業所の新設を行っていますが、1959年に那覇バスターミナルが完成し、市外線の営業所がここに移転。次いで、1960年に西本町に土地を確保し、市内線営業所を移転しました。現在の那覇市西一丁目、サンシャインハイツ白石のところです(バス停で言えば那覇港前が近い)。図138-1に1970年5月当時の西本町の本社営業所の写真を示します。また、本社営業所以外にもいくつか小さな営業所があったようです。

図138-1 那覇交通本社及び車庫(西本町, 1970年5月)
出典:MOK701-C11-13(1970年5月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 三重城への移転は、市内線の拡充と、いくつかの営業所の集約が目的だったようです。当初は敷地面積がかなり広く、今の県営三重城市街地住宅のところも車庫となっていました。1981年発行の那覇交通30年史によれば、施設は三重城の本社、石川営業所(当時の石川バスターミナル)、糸満出張所(現在の那覇バス糸満営業所)、那覇営業所(那覇バスターミナル内)となっており、市内線の営業所はここだけでした。図138-2に1977年12月当時の三重城営業所を示します。

図138-2 那覇交通三重城営業所(1977年12月)
出典:COK771-C58-5(1977年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 ところが、理由は不明ですが、結局市内線の営業所は分散をすることとなり、後に、新川営業所(現在の那覇バス新川営業所とは別の営業所)、小禄営業所、石嶺営業所が新設されました。三重城営業所は西側が縮小され、当初の半分以下の面積となりました。図138-3に1984年11月当時の三重城営業所を示します。以後、閉鎖までこの敷地にて営業をしていました。

図138-3 那覇交通三重城営業所(1984年11月)
出典:OK841X-C12-5(1984年11月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara