空からバス路線を見てみよう

139.那覇交通(初代)新川営業所

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 現在の那覇バスは、南風原町に新川(あらかわ)営業所があります。新川営業所は、それまで那覇市西にあった三重城営業所を閉鎖することとなったため、その移転先として2006年9月に新設されたものです。

 ところで、この新川営業所とは全く別に、以前にも、那覇バスの前身会社の那覇交通により新川営業所が設けられていたことがあります。これは、沖縄県計量検定所の西北側の隣に位置していたもので、現在は駐車場となっていますが、敷地はほぼそのまま残っています。

 しかし、この旧・新川営業所に関しては、ほとんどデータらしきものがありません。わかっていることは、1981年以降1984年までには新設され、1990年以降1993年までには廃止されたということくらいです。なぜそう言えるかと言えば、1981年の那覇交通30年史発行時点では存在せず、1984年と1990年の空中写真では確認でき、僕が旅行で沖縄に出かけた1993年には既に無かったからです。いずれにしても短命な営業所だったと言えます。営業していた頃の様子を図139-1に示します。

図139-1 那覇交通(初代)新川営業所(1990年10月)
出典:OK901X-C26-8(1990年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 旧・新川営業所が担当していた路線は、Wikipediaによれば、少なくとも、当時の1系統の初代・首里識名線(旧・新川営業所~(循環)~旧・新川営業所)と12系統の初代・末吉線(三重城営業所~儀保~旧・新川営業所)の2つがあったようです。旧・新川営業所の廃止により、首里識名線は三重城営業所を起終点とする循環線に変更、末吉線は具志営業所発着の上、儀保・鳥堀付近をループ状に折り返す循環線に変更されました。


履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara