空からバス路線を見てみよう

141.西原町我謝

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 那覇バスは中頭郡西原町安室に西原営業所を置き、糸満営業所に至る33番と46番の2つの(実際には3つの)路線を担当しています。この路線、路線図を見ると、迂回状のヘンテコなルートをとっています。

 実は、西原線(当時は那覇を境に糸満線と西原線が別だった)のもともとの終点は我謝というところでした。これは1981年発行の那覇交通30年史に当時の路線図が書かれており、末端部の停留所が「~西原~農場前~農協前~我謝」となっています。

 1977年12月のこの辺りの様子を図141-1に示します。西原~我謝間の正確なルートは不明ですが、今のJAおきなわ西原与那城出張所付近が「農協前」停留所でしょうから、今の与那城停留所が「農場前」となります。我謝停留所の場所はわかりませんが、図141-1の赤枠の部分がそれなりに広いスペースとなっており、ここのように思われます。また、この場所が終点ならば、線形としてそれほど迂回しているわけでもないように見えます。なお、図141-2の青枠の部分を見ると、交差点を曲がるバスが確認できます。

図141-1 西原町中心部(1977年12月)
出典:COK771-C58-16(1977年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図141-2 図141-1の青枠部の拡大(バスが見える)
出典:COK771-C58-16(1977年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図141-3 図141-1の赤枠部の拡大(我謝停留所か?)
出典:COK771-C58-16(1977年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara