空からバス路線を見てみよう

142.糸満バスターミナル

Rel.1a, 作成:2015/02/28, 更新:2015/02/28


 糸満には2つのバスターミナルがあります。一つは琉球バス交通と沖縄バスが発着する糸満バスターミナル、もう一つは那覇バス(前身の那覇交通も)の発着する糸満営業所です。それぞれ場所が異なります。

 まず、糸満バスターミナルから。沖縄バスのWebの沿革年表によれば、

 1950年(昭和25年)4月:公営バスから民移管し、沖縄バス株式会社創業。資本金1,000万B円。代表取締役中山良輔ほか取締役6名、監査役3名、株主95名、従業員119名。真和志村安里(現那覇市安里)に本社と整備工場を構え、那覇、神里原、糸満、石川、屋慶名、本部、今帰仁、辺土名に出張所を開設。いすゞ製ボンネットバス2台、GMCトラック12台で運行開始。

 1975年(昭和50年)10月:糸満バスターミナル移転(現在のバスターミナル)

の2つの記述があります。1950年4月、またはそれ以前に糸満出張所が開設され、いつの日にかに糸満バスターミナルと呼ばれるようになり、1975年に移転して今に至っているという感じでしょうか。図142-1に1970年時点でのかつてのバスターミナル、図142-2に1977年時点での糸満バスターミナルを示します。かつてのバスターミナルはもう少し糸満ロータリー寄りのところにありました。また、自動車教習所も移転していることがわかります。

図142-1 前・糸満バスターミナル(1970年9月)
出典:MOK701X-C23-9(1970年9月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図142-2 現・糸満バスターミナル(1977年12月)
出典:[写真名←ファイル名から".jpg"をとる](1977年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12015/02/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara