空からバス路線を見てみよう

164.戸倉一丁目(榎戸都営住宅)

Rel.1a, 作成:2016/05/21, 更新:2016/05/21


 国立駅北口~日吉町~恋ヶ窪駅~二ツ塚~戸倉一丁目~稲荷神社~国立駅北口を運行する立川バスの戸倉循環線は、もともと恋ヶ窪線と榎戸線という別々の路線でした。

 詳しい経緯は不明ですが、1961年の国分寺町勢要覧によれば、1961年8月1日時点で「恋ヶ窪線 国分寺~国立」とあり、1966年の国分寺市勢要覧によれば、1966年4月1日時点で「恋ヶ窪線 立川駅北口~恋ヶ窪~国立駅北口」「榎戸線 国立駅北口~戸倉新田~榎戸都営住宅」となっています。その後、これも市勢要覧によりますが、1969年4月1日時点では戸倉循環線が運行しています。

 ということで、1966年頃は榎戸線が運行されており、榎戸都営住宅で折り返していたことがわかりました。その榎戸都営住宅とはどこのことを指しているかですが、恋ヶ窪駅の少し北西に都営戸倉一丁目アパートがあり、これに相当することがわかります。したがって、榎戸都営住宅停留所は、今の戸倉一丁目停留所だろうとなります。

 ということで、空中写真で見てみました。図164-1の1966年の写真を見ると、今の戸倉一丁目停留所のところに折返場らしきものを見ることができます。図164-2は1968年ですが、ちょっとよくわかりません。図164-3は1974年ですが、既に家が建っています。今のところ、たぶんここだということで…。

図164-1 榎戸都営住宅の折返場思われるところ(1966年11月)
出典:MKT666X-C5-1(1966年11月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図164-2 図-1と同一場所(1968年5月)
出典:MKT684X-C5-12(1968年5月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図164-3 図-1と同一場所(年月)
出典:CKT7416-C27-31(1974年12月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/05/21公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara