空からバス路線を見てみよう

165.千葉寺の折返場

Rel.1a, 作成:2016/05/28, 更新:2016/05/28


 京成バスが運行する千葉大学病院線(千葉駅~千葉大学病院~南矢作)は、担当営業所が千葉営業所になります。千葉営業所は御成台車庫停留所(四街道市吉岡)のところにあり、多くの路線では出入庫に問題がありませんが、千葉大学病院線だけは千葉駅周辺のみを走るため、営業所から見ればかなり離れたところになります。このため、休憩については御成台車庫まで戻らず、京成千原線千葉寺駅近くの待機場に行って休みます。しかし、この待機場も千葉大学病院線からはかなり離れています。

 これは、もともと京成バス(当時は京成電鉄)が当時の千葉寺停留所まで路線(千葉寺線)を走らせており、その折返しのために折返場が設けられ、1991年3月路線廃止後に他線向けに転用されたという経緯があるからです。(「kd-005-890716 千葉寺線、県庁経由となる」もご覧ください。)

 現在、県庁前~千葉寺間は小湊鉄道と千葉中央バスがそれぞれ走っていますが、この区間は、図165-1のように停留所がばらばらに配置されています。京成が千葉寺線を運行していたとき、停留所は小湊と同一の場所にあり、千葉寺停留所も、今の小湊鉄道の千葉寺停留所と同じ場所にありました。違うところは、小湊の「教会下」停留所を京成が「カソリック教会下」と名乗っていたくらいでしょうか。

500
図165-1 千葉寺付近の停留所(京成バスが運行していた頃)
出典:筆者の記憶による

 図165-1にも示した千葉寺の折返場は1974年当時は図165-2の位置にありました。その後、折返場の場所が千葉急行電鉄線(現・京成千原線)の千葉寺駅とかぶってしまうことから、現在の位置に変更されたことが図165-3、165-4よりわかります。なお、空中写真を見る限り1979年時点で既に移転しているようですが、画像がやや不鮮明なため、ここでは1983年の方をお見せすることにしました。

図165-2 京成バス千葉寺の折返場(1975年1月)
出典:CKT7413-C23-8(1975年1月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図165-3 京成バス千葉寺の折返場(1983年10月)
出典:CKT832-C6-7(1983年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図165-4 京成バス千葉寺の折返場(2009年4月)
出典:CKT20092-C18-35(2009年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/05/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara