空からバス路線を見てみよう

166.代田四丁目

Rel.1a, 作成:2016/05/28, 更新:2016/05/28


 代田四丁目停留所は環七通り上、世田谷代田駅と新代田駅の間にあります。世田谷代田駅というバス停は無く、強いて言えば同駅の最寄り停留所とも言える停留所です。現在は東急バスの森91(大森操車所~新代田駅前)のみが通っています。これは、もともと新宿駅西口~大森操車所を運行していた環七線(宿91)が分割されてできたものですが、以前は蒲田駅を発着する代蒲線(蒲13)もあり、ここ代田四丁目が終点でした。また、折返場もありました。

 元をたどると、環七通りの馬込付近~北区神谷町付近が1964年に開通(区間をちゃんと調べていません。空中写真を見る限りの推測。)したのを機に、環七線(後の宿91)と代蒲線(後の蒲13)が同時に開通しました。なお、環七線は東京都交通局との共同運行でしたが、代蒲線は東急バスの単独運行でした。

 その後環七線は分割されることとなり、都交通局は新宿駅西口~野沢銀座までを宿91系統として運行(後に野沢陸橋まで延長し、現在は新代田駅前までに短縮)、東急は新代田駅までに短縮し系統番号が森91になりました。このタイミングで代蒲線(蒲13)は廃止になりました。1984年2月16日のことです。

 代田四丁目の折返場は、蒲13のみが使うもので、小さなものでした。もう少し北に行けば新代田駅前の都交通局の操車所があり、そこを使うようにすれば、若干ですが利便性も上がり、良かったんじゃないかと思ったりもしますが、そんなに簡単ではなかったようです。

 ここでは1971年と1979年の空中写真を示します。1971年の写真では、折返場にバスが止まっているのが見えます。1979年の写真では、折返場から環七にバスが出ていっているように見えます。

図166-1 代田四丁目の折返場(1971年4月)
出典:MKT711X-C7B-11(1971年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図166-2 代田四丁目の折返場(1979年10月)
出典:CKT794-C13A-20(1979年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/05/28公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara