空からバス路線を見てみよう

172.向陽台と長峰

Rel.1a, 作成:2016/08/12, 更新:2016/08/12


 京王相模原線の稲城駅と若葉台駅を向陽台・長峰経由で結ぶ稲12。この路線は比較的新しく、まず1988年に稲城駅~向陽台で開通しました(稲10)。その後西側に住宅が造成されたことで1995年に長峰まで延長され(稲11)、さらに1999年に若葉台駅まで延長されました。執筆日時点で、稲10は土休日に向陽台発が二本のみ(いずれも小田急バス)で、稲城駅発は無く、折返しをしなくなりました。一方、長峰での折返しは現在もあります。小田急バスは稲城駅~長峰間の単純折返しとなっており、折返場を使って折り返します(稲11)。しかし、この折返場は小田急バス専用となっており、京王バスは別の停留所を経由した長峰循環として運行しています(稲13)。

 ここでは、向陽台、長峰がそれぞれ終点だった頃の写真を見ていきます。

 図172-1は1989年10月の向陽台停留所付近です。南多摩尾根幹線道路の上下線の間に折返場があり、ここを使って折り返していることがわかります。ちなみに現在も折返場の跡は残っていますが、柵が張られており、人も車も入れないようになっています。図172-2はば1992年10月の様子ですが、折返場にバスが停まっているのが確認できます。

図172-1 向陽台停留所付近(1989年10月)
出典:CKT893-C9-2(1989年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図172-2 向陽台停留所付近(1992年10月)
出典:CKT921-C12-8(1992年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 図172-3は2005年10月の長峰が終点だった頃の様子です。今とは異なる場所に長峰の折返場があったことがわかります。図172-4は2008年5月の様子で、現在の折返場ができています。

図172-3 長峰停留所付近(2005年10月)
出典:CKT20051X-C2-32(2005年10月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図172-4 長峰停留所付近(2008年5月)
出典:CKT20084-C3A-25(2008年5月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/08/12公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara