空からバス路線を見てみよう

173.柴崎折返場

Rel.1a, 作成:2016/08/16, 更新:2016/08/16


 調布駅北口~都営深大寺住宅を結ぶ調布市ミニバス北路線(京王バス東運行)は、初期に暫定ルートとして、今よりも短いルートで運行しており、終点として柴崎折返場停留所がありました。

 まず、2006年10月9日に暫定区間として調布駅北口~武蔵野市場~柴崎折返場(調36)が開通しました。柴崎折返場は、一つ手前の原山通り入口のすぐ東の交差点の南東の角にあり、至近距離でした。

 その後、2012年1月31日に、原山通り入口から分岐して都営深大寺住宅まで延長し、調布駅北口~武蔵野市場~晃華学園東~都営深大寺住宅(調37)が開通しました。その時点では全便が都営深大寺住宅まで運行にはならず、調布駅北口~柴崎折返場間の区間便も存続していました。しかし、2012年10月1日にこの区間便も上ノ原小学校まで延長(上ノ原循環)されることとなり、柴崎折返場は廃止となりました。

 柴崎折返場の跡地は、当時存在していた隣接のアパートとともに、セブンイレブン及びその駐車場となっています。

図173-1 柴崎折返場(2009年4月)
出典:CKT20092-C77-22(2009年4月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/08/16公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara