空からバス路線を見てみよう

032.二俣団地

Rel.2b, 作成:2011/11/21, 更新:2012/06/27


はじめに

 本八幡駅南口から二俣新町駅入口を運行する京成トランジットバスの原木線。2001年から2009年まで市川交通自動車が運行していた時期もありましたが、それより前は京成電鉄が運行していました。この路線、京葉線の二俣新町駅が開業するまでは同駅に比較的近い二俣団地(市川宿舎二俣官舎)の中に「二俣団地」停留所があり、そこで折り返していました。

 二俣団地を発着していた頃は、1時間あたり2本程度運行していましたが、今は1時間に1本。だいぶ寂しくなりました。もっとも、京葉線が15分おきに走っていますから、そういう意味では良くなったわけですが。かつては二俣新町駅~西船橋駅南口というバス路線もありましたが、短命に終わりました。今、この復活の声も少なからずあるそうですが、どうなることやら。


図032-1 市川市二俣付近(1979年10月)
出典:CKT794-C10C-20(1979年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 二俣団地停留所

 二俣団地停留所は、団地の入口側、二俣小学校の道路を隔てた反対側にあります。僕は京葉線開業前に一度だけ行ったことがありますが、それ以来一度も行ってませんのでもう全然記憶がありません。路線が二俣新町駅停留所(開通当時,現在は「二俣新町駅入口」に改称)まで伸びたときにバスに乗ったんですけど、時間が無くて、二俣団地の方には行きませんでした。それからもう20年以上もたっています。行けばよかった。

図032-2 二俣団地停留所(1979年10月)
出典:CKT794-C10C-20(1979年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12011/11/21公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara