空からバス路線を見てみよう

039.尾久橋

Rel.1b, 作成:2012/01/30, 更新:2012/01/30


はじめに

 現在、日暮里駅から見沼代親水公園駅までを運行する都営バス里48系統。系統としての開通日は1973年(昭和48年)6月10日です。開通当時は尾久橋~日暮里駅~水道橋の運行で、日暮里駅より南側にもバスが走っていました。北側は最初尾久橋までの運行だったものの、1975年(昭和50年)に扇大橋北詰に延長、1978年(昭和53年)に足立流通センターまで、その2年後には足立流通センター終点、2003年(平成15年)に舎人二ツ橋と徐々に延伸されていきました。そして2008年(平成20年)に今の見沼代親水公園駅発着に変更されて今に至ります。

 一番最初の終点(正確には起点)である尾久橋は、終点であった時期が2年間しかありません。そもそも尾久橋が終点だったのは、当時扇大橋がまだ完成していなかったからです。詳しいことは調べていませんが、1975年に扇大橋がとりあえず開通し、扇大橋北詰まで行けるようになり、1978年にその先の道路が整備されたことで足立流通センターまで行けるようになったようです。ちなみに、扇大橋の竣工は1979年(昭和54年)となっていますから、車が走るようになってから4年たって竣工ということのようです。

 国土交通省の国土画像情報(カラー空中写真)では、この地域について1974年度(昭和49年度)の写真が公開されていましたので、当時の尾久橋停留所の様子が確認できます。ちなみに、国土画像情報(カラー空中写真)による次の撮影年度は1979年度(昭和54年度)なので、扇大橋北詰で折り返していた頃の写真はありません。

図039-1 (1975年1月)
出典:CKT7415-C22B-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 尾久橋停留所

 尾久橋停留所での折り返しは、写真のように路上展開で行われていました。バスの見えるところは、そのそばの影の状況からスロープではなく、地表に位置することがわかります。現在は、この部分もスロープとなり、尾久橋、扇大橋方面につながっています。地表のところは駐車場となっており、当時の面影はありません。

図039-2 尾久橋停留所(1975年1月)
出典:CKT7415-C22B-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/01/30公開
1a2016/03/06フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara