空からバス路線を見てみよう

040.つつじヶ丘駅と若葉幼稚園

Rel.2b, 作成:2012/02/13, 更新:2012/06/27


はじめに

 現在、京王バス東が運行する路線に、調布駅南口から慈恵医大第三病院前、和泉狛江消防署、覚東を経由してつつじヶ丘駅に至るものがあります。この路線、路線名を和泉線と言います。和泉を通るから和泉線で問題ありませんが、実は昔は終点が「和泉」という停留所(今の和泉狛江消防署)だった時代があります。それはおろか、起点はつつじヶ丘駅北口であり、今と全く異なるルートでした。

 具体的には、つつじヶ丘駅北口を出て甲州街道を新宿側に右折し、仙川二丁目の交差点を右折して京王線をオーバーパス。桐朋学園前交差点(仙川駅入口停留所のあるところ)を南下し、覚東方面に向かって和泉停留所が終点でした。この線、1961年(昭和36年)5月に開通(「身近な歴史から8」井上孝による。以下、沿革については同じ。)しましたが、当初の終点は覚東でした。その2年後の1963年(昭和38年)に和泉まで延長されています。小田急バスについても、京王と同じく1961年5月に吉祥寺~仙川(駅ではなく、小田急バスのターミナル)~覚東を開通し、2年後に和泉まで延長されています。つまり、起点が異なりますが、仙川付近から南は同じです。これらの開通延長は、仙川通り(今の東京都道114号武蔵野狛江線)の延長に伴って行われました。

 なお、同人誌「躍進する京王帝都バス(まるのや乗合 書籍部, 2000年)」に1965年(昭和40年)4月当時の路線図が掲載されており、これによれば、停留所はつつじヶ丘駅(北口)、桐朋学園前、神代高校、中央電気通信学園(→若葉町三丁目)、稲荷前、明照院前、覚東、御台橋、和泉(→和泉狛江消防署)となっています。

 その後、1968年(昭和43年)6月に京王のバスはつつじヶ丘駅南口(現在とは場所が異なる。以下、Bを参照。)発着となり、いくつかの改変を経て今の路線になりました。以下に「身近な歴史から8」に載っている年表から、関連する事柄を抜き出しましたので、詳細は下表をご覧願います。(なお、ネットにはこれと微妙に異なる記述も見られます。)

表040-1 つつじヶ丘、覚東、和泉に関連する路線
年月区間事業者名事柄備考
1961/5吉祥寺~(仙川)~覚東小田急新設 
1961/5つつじヶ丘駅北口~(神代高校)~覚東京王新設 
1963/7吉祥寺~和泉(現和泉消防署前)小田急延長 
1963頃つつじヶ丘駅北口~(神代高校)~和泉京王延長 
1966/7仙川~調布駅南口小田急変更 
1966/7成城学園前~神代団地小田急新設現在も運行
1966/7二子玉川園~神代団地東急・小田急新設 
1966頃和泉~神代団地北口京王新設 
1967頃和泉~つつじヶ丘駅南口京王延長 
1968/6調布駅南口~つつじヶ丘駅南口京王延長現在も運行
1969/2二子玉川園~神代団地東急・小田急廃止 
1969頃つつじヶ丘駅北口~(若葉町)~つつじヶ丘駅南口京王変更 
??????つつじヶ丘駅北口~(若葉町)~つつじヶ丘駅南口京王廃止 
1972/6成城学園前~調布駅南口小田急変更現在も運行
1975/7二子玉川園~調布駅南口小田急東急が運転中止現在も運行
1997/5成城学園前~(仙川・松原経由)~狛江駅小田急新設 
2002/8成城学園前~(仙川・一中経由)~狛江駅小田急変更現在も運行
図040-1 調布市若葉町三丁目周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C31A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 若葉幼稚園停留所

 まず、若葉幼稚園停留所の折返場は今でも場所がわかります。若葉町三丁目停留所の目の前であり、それらしき広場があります。現在は町内会で使用しているようです。また、前述したように1965年時点で「神代高校、中央電気通信学園、稲荷前」という停留所順になっているので、当時の中央電気通信学園停留所が今の若葉幼稚園に対応していると思われますし、今の小田急バスの若葉町三丁目停留所と一致するようにも思われます。しかし、住宅地図を見たところ、若葉幼稚園停留所若葉町三丁目停留所よりやや南に停留所ポールがあるように書いてありました。誤記でないかと思いますが、今のところよくわかりません。

 ところで、現在調布市に若葉幼稚園という名の幼稚園はありません。現在、幼稚園があった場所は、調布市入間地域センターになっています。ついでですが、調布市には市立幼稚園がなく、全て私立幼稚園です。

図040-2 若葉幼稚園停留所(1975年1月)
出典:CKT7415-C31A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B つつじヶ丘駅南口停留所

 つつじヶ丘駅南口の折返場です。現在、つつじヶ丘駅南口停留所は駅のそばにありますが、これは2003年(平成15年)8月11日からです。以前はここに乗り入れることができず、品川通り上に停留所を設けていました。乗車停留所は今の西つつじヶ丘四丁目、降車停留所は今のつつじヶ丘駅南口入口停留所にあたります。つつじヶ丘駅方面の西つつじヶ丘四丁目停留所は移転にあたり新設されたものです。

図040-3 つつじヶ丘駅南口停留所(1975年1月)
出典:CKT7415-C31A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/02/13公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara