空からバス路線を見てみよう

064.雄鹿野と芝山団地

Rel.1b, 作成:2012/07/31, 更新:2012/07/31


図064-1 雄鹿野、芝山団地周辺(1979年12月)
出典:CKT793-C20A-5(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 芝山団地停留所と折返場

 芝山線は1977年(昭和52年)の開通ですが、当時の終点は芝山中学校停留所から東に折れ、しばらく行ったところにあった芝山団地停留所でした。赤い線の終わりあたりに停留所があったみたいですが、乗車停留所と降車停留所が微妙にずれており、赤い線は必ずしも正確ではありません。折返場は停留所のさらに先にあり、黄色で囲んだ部分の右側の空き地のところです。

 この停留所も、URへの組織改編の影響により、折返場が従前通りに使えなくなったことや、それ以前に東葉高速鉄道の開通などもあって、一つ手前の芝山中学校までに短縮されました。その後、飯山満駅前にロータリーができたことにより終点がそこまで延長されました。

図064-2 芝山団地停留所(1979年12月)
出典:CKT793-C20A-5(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 芝山操車場

 芝山線の走る芝山団地は、当初、団地の近くに駅がなく、その割には規模の大きい団地でした。このため、バスの運行本数もかなりあり、運用上、独自の車庫が必要でした。そこで、この芝山操車場が開設されました。芝山線だけでなく、高根公団駅に至る新高根線(当初は東船橋駅~東町~雄鹿野~高根公団駅)の車もここに常駐していました。

 東葉高速鉄道の開通により、芝山線は船橋駅発着便、東船橋駅便のいずれも半減(それぞれ、4本/時→2本/時)させられ、新高根線は(初代)飯山満駅~高根公団駅に短縮されました。初代の飯山満駅停留所は、なんとこの芝山操車場の中に停留所のポールがありました(当時は飯山満駅に至る車道が無かった)。写真で操車場内に赤い線を引いているのはそのためです。細かいことを言うと、そのとき「芝山操車場」は廃止され、単なる休憩用の車庫になったってことかと記憶してますが、自信がありません。なお、短縮された新高根線は短命に終わりました。

図064-3 芝山操車場(1979年12月)
出典:CKT793-C20A-5(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

C 初代雄鹿野停留所と折返場

 雄鹿野停留所は、現在でも豊富線と芝山線の停留所としてありますが、その経緯は複雑です。

 まず、豊富線の開通時は雄鹿野を経由していました。当時はツーマンでした。また、その後雄鹿野停留所付近に団地ができましたので、同停留所の折返便もできました。その後、芝山線が開通しますが、同線は団地輸送に目的が絞られ、ワンマン大型車での運行でした。ところが当時の雄鹿野付近は道路が狭隘だったため、そのまま走らせることができませんでした。このため、東町、雄鹿野経由ではなく、東船橋三丁目を経由し、吹上の交差点を北上し、途中で折れて芝山方面に向かうルートをとりました。雄鹿野停留所のそばには馬込台停留所が設けられましたが、吹上~馬込台間はノンストップでした。のちに豊富線も馬込台経由に変わり、雄鹿野を経由する便(前述した新高根線のみだったときもある)は激減しました。

 その後、道路拡幅が行われ、雄鹿野前後を大型ワンマンで通れるようになったことと、全体的な本数の減少により、再度全便が雄鹿野経由に戻っています。なお、途中に船橋整形外科ができた(1989年~)ことにより、以前とは需要状況がだいぶ変わっています。

図064-4 雄鹿野停留所(1979年12月)
出典:CKT793-C20A-5(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

D 飯山満駐在所前(現・飯山満二丁目自治会館)

 習志野新京成バスの前原線(当時は前原公団線)は、現在、津田沼駅~東船橋駅間(大半は途中の千葉病院前止まり)を走っていますが、以前は、途中の飯山満二丁目自治会館止まりでした。このあたりの路線は、当初三山線(船橋駅南口~東町~飯山満~薬園台駅~二宮神社前~大久保)として開通し、その後、津田沼駅からの前原公団線が飯山満駐在所前まで延長したという経緯をもちます。しかし、飯山満駐在所前(のち、飯山満二丁目自治会館)の折返便はわずか一往復しかありませんでした。その後、東船橋駅まで延長されますが、延長開始時もやはり一往復でした。

飯山満駐在所前(飯山満二丁目自治会館)には折返場がありませんでしたので、折返しは路上転回でした。僕は一度だけこの便に乗ったことがありますが、枠囲みの左側、北東に伸びる道路にむりやり突っ込み、バックをして折り返してました。また、この脇道の入口のところに、バスの折返しをするので駐車禁止とか掲示が出ていたように記憶しています。

図064-5 飯山満二丁目自治会館停留所(1979年12月)
出典:CKT793-C20A-5(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/07/31公開
1a2016/03/20フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara