空からバス路線を見てみよう

066.久志バスターミナル(辺野古)

Rel.1b, 作成:2012/07/31, 更新:2012/07/31


はじめに

 今、普天間飛行場の移設で話題となっている辺野古です。その話はしませんが、ここは沖縄のバスを語る上で重要なポイントでもあります。以前ここにバスの車庫があったからです。

 今の辺野古停留所には、以前沖縄バスが久志出張所を設けており、バス停名も「久志バスターミナル」を名乗っていました。また、那覇からここまで運行する路線があり、「久志線」を名乗っていました。系統番号は22です。しかし、1995年(平成7年)5月28日をもって久志出張所は廃止となり、22系統も廃止となりました。那覇から来るバスは、22系統の他に現在でも運行している辺野古経由名護東線の77系統(那覇バスターミナル~辺野古~名護バスターミナル間)が残り、これが若干増便されることとなりました。ただし、辺野古より那覇方は運行本数が大分減りました。

 ところで、これを執筆している今日、たまたま見つけたのですが、以下の「鉄人(てつんちゅ)&バス人(バスんちゅ)が行く!」というブログに、「昔、辺野古にバスターミナルがあった…」という記事があり、ここに久志バスターミナルの写真がたくさんありました。説明もたくさんあり、非常に楽しめましたしたので、ご興味ある方は一度ご覧になるといいと思います。というか、僕のような関東の人間があえて書くまでもないかなってところです。

図066-1 辺野古付近(1977年12月)
出典:COK771-C32B-6(1977年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 久志バスターミナル(辺野古)

図066-2 久志バスターミナル(1977年12月)
出典:COK771-C32B-6(1977年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/07/31公開
1a2016/03/20フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara