空からバス路線を見てみよう

065.石川バスターミナル

Rel.1b, 作成:2012/07/31, 更新:2012/07/31

図065-1 石川(現うるま市)付近
出典:COK771-C40-15(1977年11月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 石川バスターミナル

 かつて、那覇交通(現・那覇バス)は石川市(現・うるま市の一部)まで路線を走らせており、終点に営業所とバスターミナルが置かれていました。それが石川バスターミナルです。那覇からのバスはもちろんのこと、読谷バスターミナルに至る路線(48系統)等もありました。その後那覇交通は路線網を段階的に縮小することとなり、48系統は共同運行していた沖縄バスに任せる形で撤退。那覇に至るバスも、那覇~具志川地区までに短縮されました。これにより那覇交通は石川地区から撤退し、石川バスターミナルは閉鎖されました。現在の那覇バスの運行エリアの北限は普天間となっています(高速バスを除く)。

 現在、バスターミナルの跡地は、ホームセンタータバタ石川店になっています。バス停名も「石川バスターミナル」から「ホームセンタータバタ前」に変更されましたが、その後さらに変更され、現在は「赤崎」となっています。

図065-2 石川バスターミナル
出典:COK771-C40-15(1977年11月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/07/31公開
1a2016/03/20フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara