空からバス路線を見てみよう

067.金町駅

Rel.1b, 作成:2012/08/20, 更新:2012/08/20


図067-1 (1975年1月)
出典:CKT7415-C21B-23(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 金町駅(南口)

 金町駅南口の様子です。今は立派なロータリーができていますが、昔は図の通り狭い乗り場でした。また、今は東側方面に直接行ける道路がありますが、この当時は全てのバスが、駅から狭い道を南に下り、金町三丁目交差点を通らなければなりませんでした。

図067-2 金町駅南口(1975年1月)
出典:CKT7415-C21B-23(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 金町駅北口

 金町駅北口を発着する金62(幸田線)が開通したのは昭和59年4月のことで、この写真の時点では路線バスがありませんでした。しかし、バス乗り場にあたるところには、写真のように敷地があります。詳しいことは不明ですが、車の並びからタクシー乗り場のように見えます。

図067-3 金町駅北口(1975年1月)
出典:CKT7415-C21B-23(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

C 東金町二丁目付近

 金町駅北口を発着するバス路線が昭和59年と比較的遅くに開通したのは、バスの通れる道路が未開通だったからです。未開通区間を赤線で示します。

図067-4 東金町駅二丁目付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C21B-23(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

D 金町営業所(金町車庫)

 京成バスの金町営業所です。バスの並び方や、周辺状況は異なりますが、敷地は現在と同じことがわかります。

図067-5 金町営業所(1975年1月)
出典:CKT7415-C21B-23(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/08/20公開
1a2016/03/20フォーマットを変更。
1b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara