空からバス路線を見てみよう

078.宮野木市営住宅

Rel.1a, 作成:2012/09/21, 更新:2012/09/21


はじめに

 稲毛駅~さつきが丘団地を走る京成バスの宮野木線。かつては京成稲毛駅~宮野木市営住宅を走っていました。経緯ですが、1963年(昭和38年)12月26日に京成稲毛駅~宮野木を開通(3.9km)。京成電鉄五十五年史によれば、1966年(昭和41年)3月31日時点で京成稲毛駅~宮野木市営住宅前(4.140km)になっています。宮野木停留所付近には宮野木町第1団地、宮野木市営住宅停留所付近には宮野木町第2団地があり、千葉市住宅供給公社のWebによれば、第2団地の建築は1964年とありますので、宮野木線が開通して1年程度で延長したのかもしれません。その後、1984年(昭和59年)9月10日に京成稲毛駅~さつきが丘団地に延長されたとWikipediaに書いてあります(というか、これは自分が書いたような気がしますが、根拠を失念してしまいました。すみません。)。京成稲毛駅~稲毛駅間の乗客は少なくなり、稲毛駅発に短縮されたのは、1997年(平成9年)6月30日です。

 そういうわけで、1966年頃より1984年までは宮野木市営住宅で折り返しており、折返場がありました。今回はその折返場を紹介します。なお、写真ではさつきが丘団地も写っていますが、その話は今回パスします。さつきが丘団地については「サイト1688」の「さつきが丘団地のバス(前編)」と「さつきが丘団地のバス(後編)」に詳しく書かれていますので、そちらをご参照願います。

図078-1 宮野木市営住宅、さつきが岡団地付近(1975年1月)
出典:CKT7413-C16A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 宮野木市営住宅折返場

 宮野木市営住宅の折返場は団地の中にほんの少しだけ入ったところにありました。この写真ではバスが1台止まっていることが確認できます。現在この場所は公園になっており、折返場跡として確認できる状況になっています。

図078-2 宮野木市営住宅折返場(1975年1月)
出典:CKT7413-C16A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B さつきが丘団地折返場

 さつきが丘団地折返場です。まだできて間もないのでしょうか。敷地内がきれいです。

図078-3 さつきが丘団地折返場(1975年1月)
出典:CKT7413-C16A-16(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/09/21公開
1a2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara