空からバス路線を見てみよう

112.花小金井駅付近

Rel.1a, 作成:2013/02/18, 更新:2013/02/18


 今回は花小金井駅付近をとりあげます。が、花小金井駅の話は後回しにして、立川バスの昭和病院停留所と関東バスの小平合同庁舎の話をします。

図112-1 昭和病院周辺(1975年1月)
出典:CKT7415-C24A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 まず、立川バスの大沼団地線の一部便の終点である昭和病院について。この路線は国分寺駅北口~喜平橋~(五日市街道)~拝島駅という路線に始まります。もともと奥多摩振興(今の西東京バスの青梅地区にほぼ相当)が持っていたのですが、経営上の都合により立川バスに路線免許を譲ってしまって今に至ります。立川バスの買収後、立川駅北口~(五日市街道)~国分寺駅北口間で運行していましたが、その後喜平橋で分岐した国分寺駅北口~花小金井駅線の開通(開通日不明だが、1959年時点では運行している)、さらに1965年(昭和40年)11月1日には昭和病院まで延長しました。

 当時の昭和病院は写真の通り、バスが折り返せるようなロータリーが無く、また、花小金井駅も狭かったため、西武バス以外はバスが駐車できませんでした。そこで、立川バスはAのように、昭和病院から踏切を越えたところに折返場(住宅地図では「車庫」と書いてある。)を設けていました。その後、昭和病院内にバスが乗り入れるように変更となり、折返場は廃止されました。

図112-2 昭和病院(1975年1月)
出典:CKT7415-C24A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 次に小平合同庁舎バス停について。関東バスはもともと境11:武蔵境駅~花小金井駅~小平合同庁舎(以前は北多摩事務所)という路線を営業運行していました。花小金井駅前が狭かったために別の場に折返場を求めたことと、役所へのアクセスを兼ねたと見られます。

 その後、多摩六都科学館の開設に対応し、同館まで延長した境14を開通。さらに、2000年(平成12年)4月1日に、花小金井駅南口ターミナルが整備されたことで、武蔵境駅、多摩六都科学館方面の双方とも花小金井駅南口発着に変更し、分断。小平合同庁舎での折返しはなくなりました。

 その後、多摩六都科学館方面は大半の便が花小金井駅北口発着に変更され、踏切をわたらなくなりました。また、武蔵境駅側は減便が続き、現在5~6往復となっています。

図112-3 小平合同庁舎折返場(1975年1月)
出典:CKT7415-C24A-4(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12013/02/18公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara