空からバス路線を見てみよう

125.西武松が丘

Rel.1a, 作成:2014/01/23, 更新:2014/01/23


 所沢市南部にある松が丘は西武グループが開発した高級住宅地の一つです。1981年(昭和56年)に入居開始となっています。

 さて、路線バスですが、現在は所沢駅~松が丘中央~西武園駅線(所18)があります。土休日の一部の便のみ西武園ゆうえんちまで行く便(所18-1)があります。この線は、もともと途中の松が丘中央が終点で、当時は「西武松が丘」という停留所名でした。また、1990年代の土・休日には「西武園ゆうえんち号」という名称でノンストップの急行バスが開園時間中、1時間に1本程度運行されていました。

 その後、西武園ゆうえんち号は廃止となり、同時に、松が丘と西武園駅を結ぶことの利便性や、開発が西側まで進んだこともあり、1999年1月16日に所18の終点が西武園駅、西武園ゆうえんちにまで延長されました。

 路線の大まかな経緯は以上ですが、そういうことで、西武松が丘(松が丘中央)が終点だったときに折返場がありました。ここではそれを見てみます。

図125-1 都立八国山緑地、所沢市松が丘周辺(1984年10月)
出典:CKT841-C18-25(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 西武松が丘の折返場は二度移転、すなわち、第三代まであったようです。このことは「“せまくてあさい”おもちゃ箱」の「終点の風景」の「旧西武松が丘」に詳しく触れられています。うち、Webで見ることができる空中写真の中でその姿を確認できるのは、第二代の折返場のみです。

 初代折返場については、「終点の風景」にて「松が丘中央と峰の下の間」とありますが、今のところこれがはっきりわかる写真は見つかっていません。松が丘線の開通は入居開始の1981年と思われますが、1984年度のこの写真で既に第二代となっていますので、初代折返場はごくわずかな期間のみあったことになります。なお、国土地理院は1982年にこの付近の空中写真撮影が行っており、Webで見ることもできます。ただ、広域を撮影しているため、Webの写真ではよくわかりません。プリントされたものを見ればわかるかもしれません。

 第三代折返場は上の「終点の風景」に詳しい写真が出ています。これも設置されていた期間が短かったようですが、これまた昔の空中写真を確認した限り、折返場廃止の2年前の1997年には第三代になったようです(その写真も広域での撮影のため、Webではよく見えません)。

図125-2 西武松が丘の折返場(1984年10月)
出典:CKT841-C18-25(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 図125-3に東村山駅西口の様子を示します。東村山駅西口は立川駅への路線(立35)が発着しています。現在は、立派なロータリーができましたが、かつては駅前が大変狭く、バスの折返しにターンテーブルを使っていました。枠で囲った部分にバスが一台ありますが、その大きさからして、ターンテーブルがないと折返しが困難なことがわかります。なお、この写真だけで、ターンテーブルがあることを識別するのは難しいですが、あると思ってご覧頂ければと…。

 ところで、東村山駅西口から少し西にいったところに、紫色の破線を引いていますが、ここにバス路線があったかは不明です。これを引いたのは、かつて、立川駅~東村山駅~所沢駅という路線があり(全国バス路線便覧昭和39年版、立川市統計書を参照)、たぶんここを通ったんじゃないかという勝手な推定です。この件についてはもう少し調べてみようかと思います。

図125-3 東村山駅西口(1984年10月)
出典:CKT841-C18-25(1984年10月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12014/01/23公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara