空からバス路線を見てみよう

127.姉崎別荘下

Rel.1a, 作成:2014/01/23, 更新:2014/01/23


はじめに

 八幡宿駅西口から内房線沿いに姉ヶ崎駅側に走る路線の終点。それが別荘下停留所です。「別荘下」ではわからないので、「姉崎」とか「姉崎(別荘下)」という行先表示になることが多いです。それから、JRの駅は「姉ヶ崎(あねがさき)」ですが、ここの地域の名は「姉崎(あねさき)」です。話が脱線しますが、川崎市の溝口は「武蔵溝ノ口(JR)」「溝の口(東急)」「溝口(地名、市バス)」と表記がばらばらですが、読みは「みぞのくち」で同一です。姉崎の場合は、読みも違うので驚きです。

 さらに脱線するとこの「ヶ」という字が曲者で、「ヶ」だったり「ケ」だったり、ばらばらなことが多いです。小湊鉄道のサイトでも「ヶ」と「ケ」が統一されてないようです。一応言うと、文句を言っているわけではなく、こういうのがバスの面白おかしいところでしょうか。

 本題に戻って、今でこそ八幡宿駅西口~別荘下間を走っていますが、かつては千葉中央駅~千葉駅~広小路~浜野~別荘下と走っており、蘇我駅西口、浜野駅前、八幡宿駅西口、五井駅西口、姉ヶ崎駅東口のいずれも寄り道せずに走っていました。確か、自分が時刻表を見かけた1975年頃から1996年の分割直前までずっと15分間隔だったように記憶していますが、どうだったでしょうか。さらに昔は、旧京成千葉駅~木更津駅の直通便もありました。

図127-1 市原市椎津付近(1979年12月)
出典:CKT796-C7-7(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

 別荘下停留所は椎津交差点のところにありますが、写真のように若干移動しています。もとあった場所には、現在セブンイレブンがあります。

図127-2 別荘下停留所(1979年12月)
出典:CKT796-C7-7(1979年12月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12014/01/23公開
1a2017/03/04フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara