空からバス路線を見てみよう

175.久我山駅

Rel.1a, 作成:2016/09/18, 更新:2016/09/18


 京王井の頭線の久我山駅からは、京王バスが三鷹駅南口方面にバス路線があります(三鷹線、鷹64)。久我山駅以東は永福町までの出入庫線(久我山駅をまたいでの運行はせず、永福町~久我山駅として運行)がありますが、井の頭線と並行しているため、一応営業便を設けている程度で、回送同然の運行となっています。

 さて、久我山駅での折返しですが、駅前にはそういうスペースが無く、踏切から300mほど東側に折返場があり、そこで折り返しています。ということは多くの方が知っておられるでしょうが、この折返場がいつからあったかと思い、空中写真で見てみました。そうしたら、1956年3月時点では無く(例えば、空中写真USA-M324-296を参照)、1957年10月時点で既にあった(例えば、USA-M1010R1-66を参照)ことがわかりました。なので、その間に設けられたことになります。ただ、折返場が無かった頃にどう折り返していたか、あるいは路線があったのか等はよくわかりません。

 ここでは、折返場が比較的鮮明に見える1961年8月の写真を図175-1, 175-2に示したいと思います。

 余談ですが、久我山の京王バスは、今も昔もこの三鷹駅~久我山駅と久我山駅~永福町だけだったかというとそうではなく、一時期は久我山駅~久我山高校~松葉通という路線もありました(ルート不明)。これは「全国バス路線便覧(1964年)」で確認することができますが、当時は、三鷹方面が92~102往復、永福町方面が22往復、松葉通が15往復だったとのことです。

図175-1 久我山駅とバス折返場(1961年8月)
出典:MKT615-C28-36(1961年8月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)
図175-1 久我山駅バス折返場(図175-1を拡大)
出典:MKT615-C28-36(1961年8月),
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12016/09/18公開
1a2017/02/26フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara