空からバス路線を見てみよう

035.昭和町分車庫と駒込駅

Rel.2b, 作成:2012/01/18, 更新:2012/06/27


図035-1 田畑駅、駒込駅、尾久駅付近(1975年1月)
出典:CKT7415-C23-39(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

A 昭和町分車庫

 昭和町分車庫は、名前の通り北区昭和町にありました。草64系統(池袋駅東口~浅草雷門)の専用の車庫として、1968年(昭和43年)3月31日から1980年(昭和55年)4月3日まで運用されていました。

 草64系統に相当する路線の開通は古く、戦後すぐの1946年(昭和21年)3月15日の9系統(池袋駅東口~王子駅)の開通、1947年(昭和22年)5月15日の8系統(王子駅~浅草寿町)の開通まで遡ります。1949年(昭和24年)に8系統が9系統に吸収され、池袋駅東口~浅草寿町の運行となりました。

 その後、1952年(昭和27年)6月1日に、この区間にトロリーバス104系統が開通し、9系統はこれに置き換わりました。そして、このトロリーバス104系統の車庫が、ここで採り上げている昭和町に置かれました。しかし、トロリーバス104系統はわずか11年後の1968年3月31日に廃止となり、同日よりトロリーバス代替系統604系統が開通し、車庫をそのまま使うこととなったわけです。すなわち、9系統と604系統はほぼ同じ区間を走っていたこととなります(トロリーバスも含め、各系統に微妙な違いは当然あります。)。なお、昭和町分車庫の所属は滝野川営業所でした。

 1980年(昭和55年)4月4日から、滝野川営業所と昭和町分車庫は移転、統合され、現在の北営業所となりました。これで、草64系統も北営業所担当となりました。しかし、2年後の1982年(昭和57年)3月29日に、北営業所が志村営業所を吸収合併し、その影響により草64系統は巣鴨営業所に転籍しました。なお、現在はこれに加えて南千住営業所も共同担当となっています。

図035-2 都営バス昭和町分車庫(1975年1月)
出典:CKT7415-C23-39(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

B 駒込駅

 現在、駒込駅のバス停は南口にのみあります。また、路線は同停留所より南側のみにあります。北側は東京メトロ南北線の開通により廃止となったわけですが、同地下鉄線が無かったころはどうだったでしょうか。

 まず、以前は、駒込駅北口にもバス停があり、操車所までありました。しかも、この操車所で折り返していたのは、御茶ノ水駅側から来た系統、すなわち茶51系統でした。当時の茶51系統は甲系統と乙系統があり、甲は王子駅~御茶ノ水駅、乙は駒込駅北口~東京駅八重洲口(末期は東京駅北口)を運行していました(ただし、1977年12月16日~1979年11月22日は新橋駅まで運行)。これに加えて、当時は王49系統が王子駅からさらに南の駒込駅まで直通しており、かつ、終点は駒込駅南口でした。つまり、当時の駒込駅を発着する全ての系統は、JRの線路をまたいでいたのです。

 しかし、1986年(昭和61年)8月11日に駒込駅北口の操車所が廃止となり、この関係で茶51の東京駅発着便は駒込駅南口で折り返すようになりました。このときに、なぜか甲乙が逆転し、東京駅発着便が甲、王子駅発着便が乙となりました。

 その後、1991年(平成3年)11月29日に南北線の駒込~赤羽岩淵間が開通し、これをもって王49系統が王子駅止まりとなりました。南北線の駒込~四ツ谷間は1996年(平成8年)3月26日、目黒までの全線開通は2000年(平成12年)9月26日。そして、同年12月12日に茶51が駒込駅南口~御茶ノ水駅に変更短縮されました。なお、現在は秋葉原駅に新たなバスロータリーができ、茶51系統の一部便が乗り入れています。

図035-3 駒込駅(1975年1月)
出典:CKT7415-C23-39(1975年1月)
国土地理院ホームページ(筆者が図を加工)

履歴
Rel.日付内容
12012/01/18公開。
22012/06/27元写真へのリンクを追加。
2a2016/03/06フォーマットを変更。
2b2017/02/25フォーマットを変更。

Naoki mimomi Aihara